メイン コンテンツにスキップ
お問い合わせ:03-3692-0686 info@monohoshizao.com クレジットカード
物干し竿についてよくある質問

Q1.マンションのベランダにはどんな物干し竿が良いのですか?

A.
一本竿と伸縮竿でしたら、一本竿をおすすめします。伸縮はつなぎ目部分に雨やホコリが入りやすく、サビなどの劣化の原因になります。サビに強いオールステンレス製一本竿、アルミ製一本竿がおすすめです。

Q2.一軒家の庭に物干し台と物干竿を買い揃えたいのですが、どれを買い揃えば良いですか?

A.
物干し台の段違い(F型)、平行(T型)は、布団をどこで干すかによって選んで頂くといいと思います。布団を干すなら段違い(F型)の低い所がおすすめです。布団を別の柵や窓に干す場合は、平行(T型)がおすすめです。その他、段違い(F型)は目隠し効果もあります。お庭やベランダの物干し竿は雨に強い一本竿をおすすめです。

Q3.物干し竿の材質がステンレス、アルミ、鉄と3種類ありますがどれを選べば良いのですか?

A.
ステンレス、アルミは好みにもよりますが、軽くてサビに強いのはアルミ、しっかり重量がありサビに強いのはオールステンレスです。鉄は重さに強いのですが、年数が経つとサビが出ます。使う前にタオルなどで拭けば長持ちしますよ。

Q4.古い物干し竿を処分したいのでが、どのように処分したら良いかわかりません。

A.
各自治体で処分する方法は違いますが、一般的に粗大ゴミとして処分になります。細かく切断すれば燃えないゴミとして処分も可能です。また、物干し台、物干し竿に限り、当社に持ってきて頂ければ無料で処分致します。石は有料(500円)になります。送料、手数料がある場合はお客様のご負担になります。

Q5.物干し竿に安価なものから高額なものまでありますが、この価格差は何ですか?

A.
品質の違いです。

Q6.一本竿と伸縮竿ではどちらが良いのですか?

A.
・お庭やベランダでお使いの場合は、一本竿が長持ちします。
・伸縮竿は長さを調節できるので、いろんな所に使えますが、特に室内が便利です。室外はつなぎ目部分に雨やホコリが入りやすく壊れやすくなります。

Q7.ステンレス巻とオールステンレスの違いを教えてください。

A.
オールステンレスはサビに強く丈夫で長持ちします。ステンレス巻は鋼管にステンレスを被覆した二重構造になっています。購入時は鉄の強度があるので丈夫ですが、徐々にサビでボロボロになりやすいです。

Q8.物干し竿のベストな長さは?

A.
各ご家庭で設置できる長さは違いますので、竿を購入する時は設置できる長さを確認しましょう。

・ベランダ等、備え付けてある移動できない竿受けの場合。
両側の竿受けの長さ+50cm~100cm(片側25cm~50cm)ぐらいの物を選ぶと良いです。たどえば、両側の竿受けの長さが3Mの場合、竿が出る部分が片側25cmとして、3M+25cm+25cm=3.5Mの物干し竿が適切な長さになります。

・お庭で使う場合。
何メートルまで置けるか確認しましょう。

ご遠慮なくお問い合わせください

THE物干竿.comでは、お客様の最適な物干し竿を販売したいと考えております。疑問に思われたことやご質問がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

トップへ戻る